--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-08-24

署名一覧NO.36

クリックしたら、記入欄の上からなまえ(ローマ字)、みょうじ(ローマ字)、メアド、チェックをはずす、送信ボタン、完了ですぴーす

heartロサンゼルスで鳥を毒殺
pigeon.jpgSunset Silver Lake管理組合はアビトロールで鳩、ツバメ、その他の鳥を殺しているそうです。アビトロールは方向感覚を失い、けいれんを引き起こしゆっくり苦しみながら殺すという悪名高い毒薬です。害獣駆除会社は顧客にアビトロールは鳥だけ追い払うものと言っていますが、これは明らかに真実ではありません。更に、犬、猫、ターゲットでない野生動物(絶滅危惧種を含む)もが、毒に犯された鳥を食べて死にます。

野生動物を駆除しても裏目に出るだけです。動物が殺されてその地域から取り除かれても、周辺地域からより多くの動物がその空きを埋めるべくやって来ます。急激な餌の増加は繁殖を加速させて個体数が増えます。残忍な死のサイクルは動物を苦しめ不必要な死を与えます。

Sunset Silver Lake管理組合へ残酷な毒殺をやめて、人道的で効果的な鳥の管理方法に変えるよう要望してください。


heart死の細菌をハムスターに注射
hamster_20100824012346.jpg近代的で人道的な動物不使用の方法が4年以上前から米国政府に認証されているにもかかわらず、Colorado Serum Company(CSC)はレプトスピラ症ワクチンのテストに何千匹ものハムスターを使い続けています。
レプトスピラ症ワクチンのテストは、ハムスターに生きた細菌を注射して病気を引き起こします。5週間で死ぬこの実験は、死ぬまでに血液を毒して苦痛と臓器にダメージを与えます。そして鎮痛処置は全くされません。

2006年以来CSCは1800匹以上のハムスターをこのテストで全て殺しました。驚いたことにCSCは動物福祉法で求められている代替法の文献探索さえしないようです。代わりにCSCは動物実験の代替法はないという間違った主張を立証するために、明らかに時代遅れの情報をコピーペーストしました。

PETAはCSCの明らかな法律違反を調査するよう政府に苦情を申し立てました。Colorado Serum Company へ廃れた非人道的なハムスターの実験を終えるよう要望してください。


heartNASAの放射線実験から猿を救って
SquirrelMonkeysm.jpg
米エネルギー省下の機関であるニューヨーク州のブルックヘイブン国立研究所は最近、有害な宇宙放射線の放射をするために税金でNASAから30匹のリス猿を受け入れる計画しています。猿はその後ハーバード・マックリーン病院へと移され、放射線の猿の脳や体に与えるダメージを観察するため行動実験が数年実施されます。さらにNASAが将来他の実験にこの猿たちを使うかもしれません。

以前にも似た実験が行われています。これらの敏感で知的な動物に白内障、認知障害、脳腫瘍、その他の深刻な病気を生じさせるものです。

幸運にも近代的な試験管内実験や臨床実験で宇宙放射線の人体への影響を研究することができます。

エネルギー省科学部のwillian Brinkman博士にブルックヘイブン国立研究所での猿の放射線実験を永久に止めるよう直ちに要望してください。
スポンサーサイト

theme : 動物愛護
genre : ペット

tag : 駆除 動物実験 署名

2010-08-14

署名一覧NO.35

クリックしたら、記入欄の上からなまえ(ローマ字)、みょうじ(ローマ字)、メアド、チェックをはずす、送信ボタン、完了ですぴーす

heartロレアルは猿をCMに使わないで
monkey.jpgロレアルは最近、テレビのCMにオマキザルを使用しました。娯楽や宣伝に使われる猿は産まれたら母親と引き離され、取り返しの付かない心理的被害を受けます。また自然から遥かにかけ離れた生活をしばしば痛ましい環境で送ります。猿が成長してトレーナーがもはや簡単に扱えなくなると、しばしば道端の動物園に捨てられるか、地下室、車庫、裏庭の酷い環境で長い余生を送ります。50代まで生きる種もいます。ロレアルによると、American Humane Association (動物と子供の保護団体) は撮影現場に来たそうですが、撮影中の動物を監視するだけで陰にある虐待や放置を防ごうとしません。
サルを出演させたCMを放映しないようロレアルへ要望し、残酷でないアニメーション、ロボット、CG、先進の技術でリアルに代用できる今、生きた動物を使う理由はないと気づかせてください。


heartロデオをやめて
 
ニュースによるとコロラド州ジェーファーソン郡のイベントで、11匹の牛を怪我させたとしてコロラド ロデオの主催者が動物虐待法違反の容疑に問われました。参加者が地面に牛をねじふせようとしたため、牛達は尾を引きちぎられ、皮膚を裂かれ、骨折しました。刑事罰を問われているにも関わらず、ジェファーソン郡は今まで通りロデオの継続の許可をしました。
彼らの地域の連帯を維持する努力は動物福祉を犠牲にして成すべきではありません。コロラド・ロデオを今すぐそして永遠に止めるようジェファーソン郡に要望してください。


heartDHSは犬を買わないで
dog_20100812145432.jpgアメリカ国土安全保障省(DHS)は3000匹の犬をブリーダーから購入したいと発表しました。爆発物、現金、麻薬を探す犬の部隊を増やすためです。

アメリカでは動物の個体数過剰の真っ只中にあっても、DHSはブリーダーがより多くの犬を生産することにお金を使う計画をしています!サービスプログラムに選ばれた犬のうち20%だけがトレーニングを完了します。だからこの計画は更に15,000匹が救われることになります。アニマル・シェルターから引き取られたサービス犬の仕事の"成功率”は、ブリーダーの犬と同じです。

もしDHSがこの計画に野良犬を受け入れたらお互いにメリットがあります。受け入れにかかる費用はブリーダーよりアニマルシェルーターのほうが低いので何千ドルの税金の節約になります。2006年4月~2007年6月にDHSが支払った322匹の未トレーニング犬の購入代金の平均額は1匹当たり$4,535(約38万円)です!アニマルシェルターからの受け入れはまた、個体数過剰の抑制になり、犬たちに刺激的で満たされた生活の機会を与えます。

アメリカ国土安全保障省省長Janet Napolitono氏に、ブリーダーよりアニマルシェルターや純血種救済グループから受け入れるよう要望してください。

theme : 動物愛護
genre : ペット

tag : 動物実験 娯楽 署名

2010-08-04

署名一覧NO.34

クリックしたら、記入欄の上からなまえ(ローマ字)、みょうじ(ローマ字)、メアド、チェックをはずす、送信ボタン、完了ですぴーす

heartチンパンジーを動物実験でなく引退させてあげて
chimp.jpgこの10年で空軍が種々の実験に使用してきた202匹のチンパンジーが引退し、ニューメキシコのAlamogordo Primate Facility (APF)のオリの中にいます。今アメリカ国立衛生研究所(NIH)は、そのチンパンジーをテキサス州にあるサウスウエスト霊長類研究所(SNPRC)へと送る計画を発表しました。SNPRCはチンパンジーを侵襲性(外科手術や投薬など)の、痛みを伴う、死にさえ至る実験に使うでしょう。NIHはすでに15匹をこの施設へと送り、残りは2011年の初期に送ります。

APFのチンパンジーは四半世紀かそれ以上をオリの中で過ごしており、彼らは保護施設で余生を平和に過ごすに値します。
チンパンジーは人間に近い種であり、98~99%のDNAが共通しています。知的で個性を持ち、深く長い友情を築き、苦しみを体験します。米国は唯一の侵襲性実験をし続ける国です。SNPRCへのチンパンジーの輸送は動物と世論への裏切り行為になります。

NIHの取締役にこの残酷で無責任な移転を止め、チンパンジーを信頼できる保護施設へ永久に引退させるよう要望してください。



heart象の展示をやめて
ele2.jpgSix Flags(アミューズメントパーク)は象の世話を怠っています。この10年で7匹の象が死に、少なくとも4つの危険な事件を起こし、数多くの違法をしています。米農務省はSix Flagsに対して次の点をあげています。常勤の獣医がいない、トレーニングした十分な数の従業員がいない、獣医の診断プログラムがない、死に至る過剰な暑さの中に動物を置く、環境を豊かにするものを与えてない、運動計画がない、施設の維持がなされてない、危険な状況で動物をオリに入れる、十分な待避場所がない、掃除が不十分、不潔な餌やり、不十分な周辺の柵、不十分な排水。

象の展示は乗り物の近くにあり、その雰囲気や継続的なノイズに耐えなければならずストレスを引き起こします。ドライブスルー展示の象は、絶え間ない車の流れと排気、監視されていない訪問者にさらされます。Six Flagsの象にとって、そして従業員と訪問者にとっても最善なのは、このアミューズメントパークが永久に象の展示を閉鎖することです。

Six Flagsの経営陣へ象の展示をやめるという慈悲ある決断をし、保護地区に象を引退させるよう要望してください。


heartトレド動物園はブルフックをやめて
ele.jpg
foxtoledo.com

2010年7月1日トレゾ動物園の支配人Don RedFox氏は、ルイという名の7歳のオス象に攻撃され、深刻な状況で入院しています。
トレド動物園は象に体罰を与え支配するための鋭い金属でできたブルフックに頼った残酷なサーカス型管理法を用いています。ルイは赤ん坊の時からブルフックで突かれ、突き刺され、叩かれ、支配され、制御されてきました。このような虐待的な扱いに対して彼が最終的に反抗するのも無理はありません。

7月21日に動物園はこの事件のビデオを公開しました。ルイがブルフックと象使いを明らかに恐れているのが映っています。またトレゾ動物園はフリーコンタクト型の象の扱いをしており、これは明らかに危険であると示しています。象をブルフックで突き刺して支配したり罰を与えることは、飼育員を継続的にケガや死の危険に置くし、深刻な動物福祉に関する懸念があります。ビデオでRedFox氏はブルフックを使っていて、ブルフックを見せるとルイが後ろに下がるように見えます。

公認動物園の半数以上がブルフックを止め、より安全で人道的に象を管理する「防護飼育」に切り替えました。これは飼育員が如何なる体罰も使わず、柵でゾウと飼育員を常に隔てます。

トレゾ動物園CEOのAnne Baker医師へ直ちに防護飼育へ切り替えるよう要望してください。

theme : 動物愛護
genre : ペット

tag : 娯楽 署名

最新記事
検索フォーム
 
姉妹ブログ ベジタリアン★ベグブロ
vegblo_20090710001051.gif


あなたがこのページを開いてから屠殺された数
0 海洋動物
0 ニワトリ
0 アヒル
0 ブタ
0 ウサギ
0 七面鳥
0 ダチョウ
0 ヒツジ
0 ヤギ
0 牛と子牛
0 げっ歯類
0 ハトとその他の鳥
0 バッファロー
0 犬
0 猫
0 馬
0 ロバとラバ
0 ラクダと他のラクダ類
ADAPTT

米国内で屠殺されているニワトリ287羽/秒(上段)、ブタ3.68匹/秒(中段)、ウシ1.12匹/秒(下段)
Animal Visuals
プロフィール

calf

Author:calf
主に海外の動物保護署名記事(PETA)を訳して載せています。他にベジタリアンのブログを運営しています。ベグブロ http://ameblo.jp/vegblog/

ブログ内はどのページもリンクフリーです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。