--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-08-16

署名NO.55

署名は各リンク先に飛んだら↓のような緑色のわくの中を、上からローマ字で、なまえ、みょうじ、メアド、チェックをはずす、オレンジ色の送信ボタン、で完了です
form.gif




heart緊急:リングリング・サーカスの象倒れる
ele_20110816020420.jpg

8月7日夜、リングリング・ブロス・サーカスで芸をさせられている象を調教師がレールカーに乗せようしたときに、象が倒れ込んだのを見た人がいました。象はサラハ54歳、野生で捕らえられたアジア象です。USDAによるとサラハはリングリングサーカスが適切な対応をしなかったため伝染病になった過去があります。ある目撃者によるとサラハが舗装道路の上に横たわっている間、獣医医療はされませんでしたが、リングリングの従業員がサラハを怯えさせレイルカーに強制的に乗せました。

これはサーカス象が被害をうけた事故のうち、最新のものであるに過ぎません。現在のところUADAが行ったリングリングの公開調査は少なくとも3つあります。象の扱いに長年の経験を持つ二人の独立した獣医師は、リングリングの象の歩きと2週間前のロスで行われた夜の公演をビデオで分析しました。彼らはこう書きました。芸をさせられている複数の象は足が不自由で、ある象は臨床的な足の障害にまでなっている。彼女は苦痛のある状態で芸をすべきでないと。3月にこれらと同じ象を観察した象の生物学者は「この象は足の硬直を示していた。」と報告しました。さらにある像は演技で座っている状態から起き上がるのが非常に困難だったと言いました。

他の象と共にリングリングの監視下で自由を奪われ暮らすサラハは、明らかに彼女に必要な世話を受けていません。もし適切な扱いを受けていないのなら彼女の状態は致命的になるかもしれません。リングリングサーカスは現在オンタリオに滞在しています。Anaheim市長と警察署長へリングリングがAnaheim市に再度訪れて虐待行為をする機会を与えないように要望してください。


heartウィスコンシン大学は動物を闘わせるのをやめて
mouse_20110816023320.jpg

10年以上、ウィスコンシン大学マジソン校(UW-Madison)の教職員は攻撃性の実験として研究室内で動物同士を激しく闘わせ、そのために何百ドルの税金を費やしています。実験者は大きくて攻撃的なマウスと小さくて弱いマウスをケージに閉じ込めます。マウスたちはそこから逃げられません。弱いマウスが10分間打ち負かされ、何度も噛まれるのを見ます。それをビデオに撮り、一回の闘いで何度攻撃したかを数えます。勝者は殺され脳を解剖されます。

この非人道的で無駄な研究に資金提供している政府機関は、公的資金の受け取り側に関連する全ての連邦法を守るよう求めています。しかしUW-Madisonは何年もこれに違反しています。つい最近までウィスコンシン州の動物虐待法は、故意に"そそのかしたり、推奨したり、手助けしたり、けしかけたりして"動物を闘わした如何なる人も重罪になるとしており、それが犬であろうがマウスであろうが闘いの場所がガレージであろうが研究室であろうがです。PETAはマジソンの地方検事に教職員が過去に犯した違反において起訴するように正式な苦情を申し入れました。

全米科学財団へ連絡し直ちにこの残酷な実験への資金提供を絶ち、既に動物を闘わせる実験に費やした税金の返金要求をするよう要望してください。


heartプーケットは水族館計画を打ち切って
seal.jpg

カナダ人国外居住者Daniel McDaniel氏は、タイのプーケットに水族館建設を提案しました。無数の魚、アシカ、アザラシ、イルカに、彼らの生息地である巨大な大海と比較しようもない小さな水槽で円を描いて泳いで過ごす生活をさせる計画です。

水族館は"教育"と"種の保存"を提供すると主張しますが、どちらも殆ど成功しませんでした。水族館は野生生活をゆがめて示します。水族館が人々に教えることはたった一つ、生息地とはかけ離れたところに野生動物を監禁し、彼らを退屈で孤独にさせても許されるということです。

プーケット政府へ水族館の計画を認めないように要望してください。服従させるために象が叩かれるキャンプや、残酷な動物公演や、動物にとって自然で大切なこと全てが否定される老朽化した動物園などに加えて、水族館はタイに動物を使った恐ろしい娯楽をまた一つ増やすことになるでしょう。


heart動物市場のカエル狩をやめて
flog.jpg

「Accomplice: The Village」はマンハッタンの双方向性ショーで "ゲームと劇場とツアー" だと言っています。参加者へのある要求は、チャイナタウンの生きた動物市場からカエルを手に入れ、ビニール袋に入れて他の目的地へ配達することです。動物の運命がどうなるか分からない所へです。

生きた動物市場で売られる動物達は、野生で捕らえられて、私達には想像しがたいストレスや輸送時に外傷を負います。生存者はビンに一緒に詰め込まれるか、山積みの他の者の上に積み重ねられます。動物達は食事を与えられず、医療的配慮を受けられず弱り、しばしば何時間もあるいは何日も身動きがとれないようにされます。

PETAはショーの創設者にこの側面を止めるように頼みましたが一蹴されました。"Accomplice: The Village" へ、残酷な産業を支持しない物へ代えるように要望してください。(返信にカエルを救出しているのです。と書かれているかもしれませんが、生きた動物市場から動物を買うことは店に新たな補充をさせるにすぎません。)


heartロデオのスポンサーをやめて
cow_20110816020420.jpg

より多くの顧客を宣伝から獲得するために、保険取扱店GEICOは最近プロフェッショナル・ロデオ・カウボーイ協会(PRCA)のスポンサーになりました。PRCAは年600回もの残酷なイベントを許可しています。PETAはGEICOにロデオなど野蛮行為への参加を慎重に検討し、PRCAのスポンサーを取りやめるよう求めましたが無視されました。

ロデオは乱暴なイベントです。通常おとなしく従順な動物をおどして挑発し、気性が荒く攻撃的を見えるようにさせます。電気棒、ムチ、追いたてるなどしてです。これが動物の皮膚と敏感な組織を焼いて、傷つけ、食い込みます。

GEICOにPRCAのスポンサーを止めるという人道的で進歩的な決断をするように要望してください。

スポンサーサイト

theme : 動物愛護
genre : ペット

tag : 署名 娯楽 動物実験

最新記事
検索フォーム
 
姉妹ブログ ベジタリアン★ベグブロ
vegblo_20090710001051.gif


あなたがこのページを開いてから屠殺された数
0 海洋動物
0 ニワトリ
0 アヒル
0 ブタ
0 ウサギ
0 七面鳥
0 ダチョウ
0 ヒツジ
0 ヤギ
0 牛と子牛
0 げっ歯類
0 ハトとその他の鳥
0 バッファロー
0 犬
0 猫
0 馬
0 ロバとラバ
0 ラクダと他のラクダ類
ADAPTT

米国内で屠殺されているニワトリ287羽/秒(上段)、ブタ3.68匹/秒(中段)、ウシ1.12匹/秒(下段)
Animal Visuals
プロフィール

calf

Author:calf
主に海外の動物保護署名記事(PETA)を訳して載せています。他にベジタリアンのブログを運営しています。ベグブロ http://ameblo.jp/vegblog/

ブログ内はどのページもリンクフリーです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。