--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-11-24

署名一覧NO.12

クリックしたら、記入欄の上からなまえ(ローマ字)、みょうじ(ローマ字)、メアド、チェックをはずす、送信ボタン、完了ですぴーす

heart犬ゾリから犬達を救って
グリーンランドでは21,000匹の犬達が犬ぞりに使われています。時に十分な餌と水を与えられず、どんな極端な天候でも屋外に鎖でつながれ短い一生を過ごします。これらの犬達が鎖に繋がれていない時は、長い距離を重いソリをひどく疲れて引っ張らなければなりません。

多くの犬は痩せ衰えています。犬を保護するグリーンランドの法律は執行されていません。どんな極端な天候でもしばしば鎖に繋がれたまま母犬は子供達を産みます。鎖や首輪を噛んで逃げないように、犬の歯を砕く人もいます。多くの犬は数日連続で餌を与えられません。何か与えられたとしても残飯です。

グリーンランドの農務大臣とデンマークのDan Jorgensen欧州議会議員に、法の執行と全ての本能を否定された犬達の状況を改善するよう要望してください。
grnlnd.jpg
写真Austrian Animal Protection Association


heart牛を引き裂く儀式を止めさせて
南アフリカのクワズール・ナタールでは年に一度の儀式で、今年雄牛を引きちぎって殺す予定です。年に一度12月の最初の土曜日にあるこのファースト・フルーツ祭りは、ズールの戦士になる年を祝うズール文化のイベントです。14歳の少年は勇気を示すために素手で雄牛を殺す任務を課せられます。報告によると40人程の男達が、雄牛の喉に砂か泥を詰め、目をえぐり出し、性器をひねって、殴る蹴るをして殺し、手で肉を引き裂きます。伝統的な決まりによりこの行事に、道具、ナイフさえ使わないようです。

南アフリカ政府にこの残酷なファースト・フルーツ祭を止めるよう要望してください。


heartNASAはサルの放射線照射計画を止めて
nasa.jpgNASAはおおよそ24匹のリス猿に危険な宇宙放射線を照射する計画があると発表しました。大気圏外の放射線の人体への影響を研究するためとされる残酷で不必要な実験です。サルへの宇宙放射線は致命的なガン、脳腫瘍、その他の病気を引き起こします。

種差がとても大きいので、サルへの放射実験から大気圏外での宇宙飛行士への影響力を科学者は分からないでしょう。幸運にも、近代の試験管実験や臨床実験は利用可能ですし、宇宙放射線の人体への影響を研究するのに利用されています。

以前、NASAは人々からこの残酷な実験に反対を受け、宇宙実験でサルの使用を止めていました。今一度みなさんの動物達へのサポートが必要です。

NASA長官に永久に宇宙放射線実験にサルを使用するのを止め、代わりに近代的で人道的な科学研究に資金をあてるよう要望してください。
スポンサーサイト

theme : 動物愛護
genre : ペット

tag : 虐待 動物実験 署名

最新記事
検索フォーム
 
姉妹ブログ ベジタリアン★ベグブロ
vegblo_20090710001051.gif


あなたがこのページを開いてから屠殺された数
0 海洋動物
0 ニワトリ
0 アヒル
0 ブタ
0 ウサギ
0 七面鳥
0 ダチョウ
0 ヒツジ
0 ヤギ
0 牛と子牛
0 げっ歯類
0 ハトとその他の鳥
0 バッファロー
0 犬
0 猫
0 馬
0 ロバとラバ
0 ラクダと他のラクダ類
ADAPTT

米国内で屠殺されているニワトリ287羽/秒(上段)、ブタ3.68匹/秒(中段)、ウシ1.12匹/秒(下段)
Animal Visuals
プロフィール

calf

Author:calf
主に海外の動物保護署名記事(PETA)を訳して載せています。他にベジタリアンのブログを運営しています。ベグブロ http://ameblo.jp/vegblog/

ブログ内はどのページもリンクフリーです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。