--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-07-28

署名NO.54

署名は各リンク先に飛んだら↓のような緑色のわくの中を、上からローマ字で、なまえ、みょうじ、メアド、チェックをはずす、オレンジ色の送信ボタン、で完了です
form.gif



heartKiev動物園に新しい動物を入れないで
elephant.jpg
2007年の雌クマの死後Kiev動物園は欧州動物園・水族館協会から除名され、世界で最悪の動物園の一つと評されました。高齢の茶クマのディナラが、いきなりストレスになる新しい仲間と新しい檻に入れられた後、正気を失って囲いのコンクリの壁に自分の頭を打ち付け続けた時、安楽死させなければいけなかったのです。残念なことにこの悲劇は孤立した事件ではありません。その後多くの動物がこの動物園の世話の怠慢で死にました。2008年だけで52匹を含みます。

2010年3月テオという名のシマウマが別々にされたメスのところへ必死に行こうとして動物園の金属フェンスに飛び込みケガをし、そのケガによって死にました。直後ボーイという名のインデアン象とマヤという名のラクダも死にました。ある監査によると、この動物園で死んだ250匹のうち3匹が2009年10月以降死にました。

Keiv動物園の動物が耐えなければならなかった残酷行為や、動物園が機能していないという多数の警告が公表されても、動物園はまだ新しい動物を手に入れる計画をしています。動物園関係者が最近ラオスとスリランカ政府から1匹づつ象をKiev動物園に輸送する話しをしています。

動物に不必要な怠慢と酷い虐待の生涯、および苦痛と早死させることを再検討するようにスリランカとラオス関係者へ要望してください。


heart飼い主のいない犬を実験動物にしないで
dog1.jpg
クィーンズランド大学(オーストラリア)はシェルターから引き取り手がなく飼い主のいないの動物を使って解剖で死に至る実験を続けています。動物福祉諮問委員会が止めるように薦めてもです。PETAオーストラリアが実験に使用する動物の段階的排除の計画をこの大学に尋ねましたが答えは返って来ませんでした。一度ペットとして可愛がられた動物達は飼い主を失ったことと研究所のケージに閉じ込めらることで二重の打撃を受けます。迷子になったり飼うのをあきらめたペットが実験で苦しんで死んだのかもしれないと知ると、ペットの家族は激しい苦しみを経験します。

実験施設への安価で手軽な動物の供給源となるアニマルシェルターは、動物実験者へ動物の使用を許しています。優れた人道的な代替法があるのに。クィーンズランド大学へ直ちにこの実習を止めるように要望してください。


heart残酷な障害競走をやめて

Race horse jumps into crowd: Dramatic amateur video

彼らの体重は少なくとも450kg、人間のひざの大きさで足を支え、泥の走路を時速50km近くで走るのを強要され、人を背中に乗せて1mのハードルを飛び超えることを強要されます。競走馬は薬物乱用、怪我、死が蔓延している産業の犠牲者です。2010年障害競走で6頭の馬が死にました。2011年の死亡数は既に6頭を超えています。障害競走会会長Rodney Rae氏は障害競走に付き物である危険性を認めさえしてこう言いました。「障害競走がある限り死亡者が出る。」

Warrnamboolの最近のレースで、Banna Strand(↑映像の馬)が騎手を押しのけてレースコースを脱走し観衆に乗り上げました。二日前にはShine the Armour(馬の名前)がトラックに落ちて即死しました。

障害競走という"スポーツ"はとても残酷でオーストラリアでは、ヴィクトリア州とサウス・オーストラリア州を除いて全ての州と地域で既に禁止されています。ヴィクトリア州の港と競馬と地方都市大臣、サウス・オーストラリア州の娯楽とスポーツと競馬大臣に障害競走をすぐに止める様に要望してください。


heartライセンス剥奪をされたGu動物園の全ての動物をサンクチュアリへ
Guzoo.jpg
一般の動物愛護やズーチェック・カナダ(動物福祉団体)の人々からの広範囲におよぶ圧力の後、アルバータ政府はGu動物園のライセンスを取り消したことを喜んでお伝えします。この動物園はカナダの動物園基準に従わない悪名高いロードサイド動物園(ガソリンスタンドなどの客寄せのためにある様な小さく無秩序で利益目的の動物園-wiki)です。一方悪いニュースは、ラクダ、爬虫類、鳥、犬を含む多くの動物が動物園許可下にありません。なぜなら動物園許可になるのはアルバータの野生動物法の外来種調整リストに載っている動物だけだからです。

何年も地元の人々や世界中の訪問者がGu動物園を非難してきました。引退したトロントの飼育員はこの動物園を「アルバータの人々や動物を気にかける人々の不名誉」と言いました。またカルガリーの飼育員はこの動物園を「はるかに標準以下で不潔」と言いました。ある報告では動物園規格違反を100個以上示しました。これは家畜飼育での最小限のことをかろうじて提供してるにすぎません。Gu動物園の大部分が閉鎖されました。不衛生で糞にまみれた動物は、腐敗した死体が放置されている囲いに入れられており、大衆への感染症の危険性があるからです。何年も世話の怠慢し、動物園経営者が残された全ての動物を殺す恐れがあった後で、残された動物の状況が改善されるとはとても考えられません。

アルベータの立法議会メンバーにGu動物園を閉鎖し、全ての動物を適切な保護施設へ移すように要望してください。
スポンサーサイト

theme : 動物保護
genre : 福祉・ボランティア

tag : 署名 娯楽 動物実験

最新記事
検索フォーム
 
姉妹ブログ ベジタリアン★ベグブロ
vegblo_20090710001051.gif


あなたがこのページを開いてから屠殺された数
0 海洋動物
0 ニワトリ
0 アヒル
0 ブタ
0 ウサギ
0 七面鳥
0 ダチョウ
0 ヒツジ
0 ヤギ
0 牛と子牛
0 げっ歯類
0 ハトとその他の鳥
0 バッファロー
0 犬
0 猫
0 馬
0 ロバとラバ
0 ラクダと他のラクダ類
ADAPTT

米国内で屠殺されているニワトリ287羽/秒(上段)、ブタ3.68匹/秒(中段)、ウシ1.12匹/秒(下段)
Animal Visuals
プロフィール

calf

Author:calf
主に海外の動物保護署名記事(PETA)を訳して載せています。他にベジタリアンのブログを運営しています。ベグブロ http://ameblo.jp/vegblog/

ブログ内はどのページもリンクフリーです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。