--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-06-10

署名NO.65



署名のしかた
form.gifブラウザのクッキーをオンにして
、各リンク先に飛んだら図のような緑色のわくの中を、上からローマ字で、なまえ、みょうじ、メアド、チェックをはずす、オレンジ色の送信ボタン、Thank you・・・と出れば完了です。



heart猫とフェレットを残酷な挿菅トレーニングから救って
cat2.jpg
ワシントン大学のセントルイス小児病院では、小児二次救命処置法(PALS)と小児研修の挿菅トレーニングで、猫とフェレットに苦痛を与え続けています。このトレーニングではプラスチックチューブを何度も猫の気管に挿入します。猫は出血・はれ物・痛み・傷・肺虚脱を引き起こし死に至ることさえあります。

PALSコースのスポンサーであるアメリカ心臓協会(AHA)はこう言っています。「PALSコースに動物は必要としない、もしくは是認しません。」「AHAのPALSコースにおける如何なる実地挿菅トレーニングにおいても、人間そっくりのマネキンで行うのを推奨します。」PETAは何百という国内のPALS施設を調べたところ、セントルイス大学を含む殆どどの施設で、動物を使わない挿菅のトレーニングをしていました。同様に、米国内の90%の小児研修が動物を使用しない方法のみでした。

調査から分かったことは、動物保護を目的とする他にシュミレーターは、人体をより正確に再現しトレーニングを繰り返すことが可能なため、医療専門家として深刻な病気・ケガをした子供を扱う際のより優れた演習です。

セントルイス小児病院とワシントン大学へ挿菅のトレーニングに、動物ではなく効果的で動物を使用せずそして利用可能である多くのトレーニング方法に替えるように要望してください。


heartユニクロへミュールジングしたウールをやめて
sheep_20110623235804.jpg
オーストラリアで飼われている最も一般的な羊はメリノ種です。メリノ種は在来種ではなく、皮膚にしわを持つ特別に交配された羊です。羊1匹から取れる羊毛がより多いのです。この不自然な毛の多さで、暑い時期は暑さで衰弱し死ぬことさえあります。またシワに尿と湿気がたまります。この湿気を好むハエがシワに卵を産み、ふ化したウジが羊を食べます。これを避けるために何百万頭の子羊に毎年切除が行われます。子羊のおしりから広範囲の皮膚と肉をいかなる痛み止めもなしに切り取るのです。これがミュールジングです。人道的な代替品が利用可能で、オーストラリアの多くの農夫が使用しているのですが。

オーストラリア羊毛産業は2010年までにミュールジングを段階削減すると約束しましたが裏切りました。この産業が正しいことをする意思が見られないので、PETAオーストラリアは世界中の製造業者と小売業者に、ミュールジングをした羊毛、つまりオーストラリア産羊毛のほとんど全てをボイコットするように求めてきました。H&M、無印、Liz Claibene等多くの会社がボイコットキャンペーンに加わりましたが、ユニクロだけは拒否しています。

子羊たちのために、今や世界第四位の小売業者ユニクロへ、ミュールジングしたオーストラリア産羊毛の購入を止めるように要望してください。


heartアーバンディケイは動物実験をしないで
追記 アーバンディケイは中国で動物を使用しない実験方法が受け入れられるまで中国での販売をしないと発表しました。

mouse_20120610154048.jpg
数年にわたり「動物実験はしません。そんなことできない。」というスローガンをかかげ、イカしたトレンディで動物実験していないお気に入りのアーバンディケイ(コスメブランド)が、主義より利益を優先し、思いやりのある消費者達を落胆させています。

アーバンディケイは中国で化粧品を売る決断をしました。中国は、企業が化粧品を中国市場に出す前に、製品の多くに対し中国の研究所で行う動物実験の費用を企業へ請求します。

PETAが資金提供した科学者達は、動物実験代替法を使用するよう中国政府に働きかけてきました。そのうちの一つは既に中国政府に受け入れられています。中国政府が動物なしの方法を全て受け入れるまで、アーバンディケイは中国への参入を延期してもいいのです。主義を利益に置き替え、無数の動物達に苦しみを与え結果として死に至らせるであろう実験をする代わりに。

再び100%動物実験なしになるまでアーバンディケイの商品は買わないとアーバンディケイへ伝えてください。
スポンサーサイト

theme : 私たちにできること
genre : 福祉・ボランティア

tag : 署名

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめtyaiました【署名NO.65】

署名のしかたブラウザのクッキーをオンにして、各リンク先に飛んだら図のような緑色のわくの中を、上からローマ字で、なまえ、みょうじ、メアド、チェックをはずす、オレンジ色の送信ボタン、Thank you・・・と出れば完了です。猫とフェレットを残酷な挿菅トレーニングか?...
最新記事
検索フォーム
 
姉妹ブログ ベジタリアン★ベグブロ
vegblo_20090710001051.gif


あなたがこのページを開いてから屠殺された数
0 海洋動物
0 ニワトリ
0 アヒル
0 ブタ
0 ウサギ
0 七面鳥
0 ダチョウ
0 ヒツジ
0 ヤギ
0 牛と子牛
0 げっ歯類
0 ハトとその他の鳥
0 バッファロー
0 犬
0 猫
0 馬
0 ロバとラバ
0 ラクダと他のラクダ類
ADAPTT

米国内で屠殺されているニワトリ287羽/秒(上段)、ブタ3.68匹/秒(中段)、ウシ1.12匹/秒(下段)
Animal Visuals
プロフィール

calf

Author:calf
主に海外の動物保護署名記事(PETA)を訳して載せています。他にベジタリアンのブログを運営しています。ベグブロ http://ameblo.jp/vegblog/

ブログ内はどのページもリンクフリーです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。