--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-09-15

署名NO.70



署名のしかた
form.gifブラウザのクッキーをオンにして
、各リンク先に飛んだら図のような緑色のわくの中を、上からローマ字で、なまえ、みょうじ、メアド、チェックをはずす、オレンジ色の送信ボタン、Thank you・・・と出れば完了です。



heart猿をテレビで使わないで
これからNBCテレビ放映する連続番組Animal Practiceでは多くの野生動物を出演させています。クリスタルという名のオマキザルがショーの主役です。エンターテイメントに使われるクリスタルのような猿は生後すぐに母猿から連れ去られます。これは母子共に対してとても残酷な行為で、妊婦管理や子育てをさせません。

クリスタルがショーで見せる "笑顔" は、実はオマキザルの恐怖とストレスの表れです。オマキザル専門医Eduardo Ottoni氏はこう言っています。「自然の中で複雑な社会生活をするクリスタルのような猿の場合、彼らを飼うのは完全に孤独な生涯を彼らに運命づけるのを意味します。そして猿のコミュニケーション行為を正確に理解していないと、恐れ・服従・回避の表れを安易に "笑顔" と間違える可能性があります。」

霊長類のサンクチュアリーは、捨てられる猿に対して準備していると言っています。クリスタルがショーに登場した必然的な結果です。数年前フレンズという連続番組に猿がレギュラーで出演したとき、サンクチュアリはペットの猿であふれました。見当違いの飼い主が、複雑な動物の要求に見合う準備が全くできていなかったのに気づいたのです。

Animal practiceは見ないでください。そしてNBCの虐待的な行為について広めてください。NBC会長にクリスタルや他の野生動物の使用を懸念していると伝えてください。

チンパンジーのパン君、先日予想していた事故が起きました。また志村どうぶつ園は8年もチンパンジーを番組に出演させ芸をさせて来ました。

pan.jpg
9月6日、『天才!志村どうぶつ園』チンパンジーのパンくんが、熊本県阿蘇市の観光施設『阿蘇カドリー・ドミニオン』のショーの最中に女性を襲う事件が起きた。襲われた女性研修生は額と腹部、足首を噛まれ、全治2週間。足首のアキレス腱のあたりは噛みつかれたことで、肉がそげ落ちそうになっていたという。
日本動物園水族館協会前会長の小宮輝之氏「稀少動物の取引を規制する国際法であるワシントン条約のリストに指定されている動物は、『種の保存法』によって繁殖目的以外での譲渡が禁じられているんですYahooニュース/全文を読む




heartネズミ捕りシートをやめて

http://youtu.be/PUSfxvbpHMs

USPS(米郵便公社)はネズミ捕りのために全米の無数の施設で粘着シートを使っています!
ネズミ捕りシートは市場で最も恐ろしい製品の一つで、多大で長時間にわたる苦痛を引き起こします。被害者はよくネバネバから逃れようと狂ったようにもがいて、自身をばらばらに引きはがします。消耗と恐怖の後、彼らはショック・脱水・窒息・出血多量で死にます。死ぬのに数日かかる可能性があります!更に、CDC(防疫センター)とカナダ保健省はネズミ捕りシートの仕様に警告を出しています。ストレスのかかったネズミを処分すると、多くの病原菌で病気を引き起こす危険があるからです。PETAはUSPSにもっと残酷性が少なく、健康被害がなく、経費のかからない(ネズミ捕りシートは再利用不可)方法を考えるように求めましたがUSPSから回答はありませんでした。貴方の声が必要です!
USPSにネズミ捕りシートをやめた無数の政府機関に加わるよう要望してください。

日本のホームセンターやスーパーはもちろん100円均一のダ○ソーでも売っているネズミ捕りシート
sheets.jpg



heartJambbas動物園のライセンスを取り上げて
bear0.jpg

カルフォルニア州にあるむさくるしいロードサイド動物園のJambbas Ranch動物園は、PETAとALDFの支援を受けた二人の地元住民から訴訟された後、動物虐待法違反があることが分かりました。Jambbas動物園はコンクリートの狭い檻に閉じ込めたベンという名の熊に苦痛を与えていて、ベンにとって最も基本的な獣医診療・食事・環境がないと分かりました。

幸運にもベンはカルフォルニア州のサンクチュアリで新たな生活をするチャンスが与えられました。エーカー単位の広大な居住地でベンは活気にあふれています。ベン専用のプールで水しぶきをあげ、背中を木でかき、木の下の大きなワラの寝床で熟睡できます。

しかし未だJambbas動物園で多くの動物達がうなだれています。事実、調査員は獣医診療を大変必要としている動物達を日常的に見つけるし、時に死んだ動物も見つけます。この残酷な状況でベンが違法に苦痛を受けたにも関わらず、米農務省は毎年Jambbas動物園のライセンスを更新し続けています。もう十分です。米農務省は行動を起こさなければいけません。ベンの動物虐待法違反明らかなった今、米農務省に弁明の予知はありません。AWAは違法がある場合ライセンスを取り上げる明確な権限を機関に与えます。そしてそれが直ちに実行されなければなりません。

動物達が更に苦しむ前に、米農務省にJambbas動物園のライセンスを直ちに取り上げるように要望してください。

スポンサーサイト

theme : 動物愛護
genre : ペット

tag : 署名 娯楽 駆除

最新記事
検索フォーム
 
姉妹ブログ ベジタリアン★ベグブロ
vegblo_20090710001051.gif


あなたがこのページを開いてから屠殺された数
0 海洋動物
0 ニワトリ
0 アヒル
0 ブタ
0 ウサギ
0 七面鳥
0 ダチョウ
0 ヒツジ
0 ヤギ
0 牛と子牛
0 げっ歯類
0 ハトとその他の鳥
0 バッファロー
0 犬
0 猫
0 馬
0 ロバとラバ
0 ラクダと他のラクダ類
ADAPTT

米国内で屠殺されているニワトリ287羽/秒(上段)、ブタ3.68匹/秒(中段)、ウシ1.12匹/秒(下段)
Animal Visuals
プロフィール

calf

Author:calf
主に海外の動物保護署名記事(PETA)を訳して載せています。他にベジタリアンのブログを運営しています。ベグブロ http://ameblo.jp/vegblog/

ブログ内はどのページもリンクフリーです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。