--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-11-13

署名NO.73



署名のしかた
form.gifブラウザのクッキーをオンにして
、各リンク先に飛んだら図のような緑色のわくの中を、上からローマ字で、なまえ、みょうじ、メアド、チェックをはずす、オレンジ色の送信ボタン、Thank you・・・と出れば完了です。



heartCMに象を使わないで


http://youtu.be/8D3JSjHTVmo


象や他の野生動物を宣伝に使用することの残酷姓を知らされているにもかかわらず、Elephant Auto Insurance(米保険会社)は象を使ったCMを続けています。象は悪名高い Have Trunk Will Travel (HTWT)から提供されています。HTWTは最近象の虐待で非難を受けています。去年ADIが公開した隠し撮りビデオ(↑)には、HTWTの調教師が電気棒・ブルフック(金属のカギ棒)で象の敏感な足・おなか・口を叩いたり突き刺したりして、象は痛さで悲鳴をあげているのが映っています。特に惨いシーンは、調教師が小象の頭を上に向けるため、鋭いブルフックを子象の口に入れうわあごを刺していました。

HTWTが提供する象の殆どが野生で捕らえられた象です。野生の象は家族と共に一日に30マイルを歩きます。HTWTの象は一晩中そして毎晩、前足と後ろ足1本づつをチェーンにつながれます。象の調教と扱いに関する連邦政府政策についてのコメントの中で、HTWTは電棒の虐待的な使用を擁護しました。

米国人権協会(AHA)はテレビCM制作の際セットに入り動物だけを監視しますが、AHAは虐待やネグレクトからの保護はしません。またCM制作以前の調教、動物の住状況、母親から早期に引き離され、不要になった動物の処分されることは監視していません。

Elephant Auto InsuranceのCEOにCMを取りやめ、二度と象や他の野生動物を使わないように要望してください。



heartイルカの展示をやめて
dolfin_20121112222723.jpg
カリブ海のアンギラ(西インド諸島にある英国領の島)は縦16マイル横3マイルしかなく、多くのクルーズ定期船が訪れる人気の場所です。Dolphin Discoveryはこの島で長年議論を呼んだ歴史があり、長い裁判の後に閉鎖されたそうです。しかし7月にビジネス目的の再開を許可されました。Dolphin Discoveryのイルカは小さな海の囲いに押し込まれ、そこで旅行者を背に乗せたり触れ合うことをさせられています。囲いは毎日たくさんのフェリーが行き来する波止場の近くにあり、イルカはエンジン音や汚染にさらされます。またハリケーンや熱帯暴風雨が来ますが、閉じ込められたイルカにはなすすべがありません。

できるだけ売り上げをあげようと、施設を殆ど継続的に操業しています。旅行者とクルーズ客次々とやって来て動物たちに与えられる休みは殆どありません。囲いの中や囲いの近くに捨てられたゴミ・ビニール袋・硬貨・パンフレットをイルカが飲み込んで胃腸系に問題が生じます。

イルカは家族の群れと共に日に最高で100マイルを泳ぎ、人間のように個性を区別し、未来を考え、自己認識をします。鏡で自分自身をよくチェックします。

アメリカで飼われているイルカは法律で保護されていますが、カリブ海で展示されているイルカには殆どないか、あっても保護規制です。

アンギラの副知事Stanley Reid氏にDolphin Discoveryを永久に閉鎖するよう要望してください。


heart原子力発電所で鳥を毒殺しないで
bird_20121112224931.jpg
ノースカリフォルニアにある Shearon Harris原子力発電所は、建物の近くにいる鳥を毒殺しているそうです!鳥の毒殺は非常に残酷です。死ぬまでに、神経系が攻撃されて弱まり、方向感覚の喪失・定まらない飛行・身震い・てんかんを引き起こします。PETAはこの施設を運営するDuke Energyに連絡し、毒物を直ちに撤去するように求めましたが応答はありませんでした。

Duke Energyへいかなる毒物も撤去し、永久に鳥が近寄らない効果的で人道的な抑止方法を用いるように要望してください。

スポンサーサイト

theme : 私たちにできること
genre : 福祉・ボランティア

tag : 署名 駆除 娯楽

最新記事
検索フォーム
 
姉妹ブログ ベジタリアン★ベグブロ
vegblo_20090710001051.gif


あなたがこのページを開いてから屠殺された数
0 海洋動物
0 ニワトリ
0 アヒル
0 ブタ
0 ウサギ
0 七面鳥
0 ダチョウ
0 ヒツジ
0 ヤギ
0 牛と子牛
0 げっ歯類
0 ハトとその他の鳥
0 バッファロー
0 犬
0 猫
0 馬
0 ロバとラバ
0 ラクダと他のラクダ類
ADAPTT

米国内で屠殺されているニワトリ287羽/秒(上段)、ブタ3.68匹/秒(中段)、ウシ1.12匹/秒(下段)
Animal Visuals
プロフィール

calf

Author:calf
主に海外の動物保護署名記事(PETA)を訳して載せています。他にベジタリアンのブログを運営しています。ベグブロ http://ameblo.jp/vegblog/

ブログ内はどのページもリンクフリーです。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。